サンプルバナー

飲む日焼け止めの最新情報

飲む日焼け止め

飲む日焼け止めは、文字通り飲むだけで日焼け対策ができる優れものです。
だからこそ、その効果はホントなの?
という疑問も当然出てきますよね。
塗るだけならともかく、身体の中に入れて本当に効くのか?身体は大丈夫なのか?そんな不安も多いと思います。

でも考えてみて下さい。
塗る日焼け止めは気になる箇所や全身にくまなく塗る必要があり、とても手間が掛かりますし、塗り残しも多々ありますが、 それに比べて「飲む日焼け止め」は、一度飲んでしまえばOKなんですから、全くの手間いらずなんです。 そして実際に飲んで試してみた方のレビュー、声をご覧下さい。

まずは一度お読みになって、その効果を貴方自身の目でご覧下さいね。

大好評!サンタンブロックのお客様の声

サンタンブロック

サンタンブロックは飲む日焼け止めです。
でもそれだけではありません!美容ケアも出来る優れものなのです。

実際にサンタンブロックを使ってみたお客様の声を集めました。 気になる方は今すぐチェック!!

日焼け止めについて徹底解説

日焼け止めの必要性

日焼け止め

夏になると1年の中で一番紫外線量が多くなると言われていますので、紫外線ダメージから肌を保護するためにも普段から顔など日焼けしやすい部位に日焼け止めなどを塗ったり、帽子や日傘をさして直射日光から肌を守っている女性が増えてきています。。。

飲む日焼け止め

UVケアに必要な知識

サンプル

日焼けを気にするあまり、やってはいけないUVケアがあります。部屋から全く外出せず1日中紫外線を浴びないなんて普通はできません。でも紫外線を気にするあまり間違ったお手入れをする方も多いのです。これによって余計に肌に強いダメージを与えることもあります。。。

飲む日焼け止め

医学的に見た日焼け

医者から見た日焼け

夏に日射しが強い時には日焼け止めを塗るという方も多いですが、なんとなく塗っているのではなく、 日焼けによって起こる皮膚への影響について理解しておいたほうが良いでしょう。

医者から見た日焼け止めの必要性としては、皮膚に有害となる紫外線をできるだけ防ぐためとなります。 この紫外線ですが、有名なものとしてはシミやソバカスが出来てしまうということです。 皮膚が紫外線を過度に浴びてしまうと、皮膚の中ではメラニン色素が大量に分泌されてしまい、シミやソバカスが出来てしまいます。

これらはすぐに出来るのではなく、二十歳を過ぎた頃から今まで浴びた紫外線が原因で出てくるようになります。 そのため、シミやソバカスで悩まされないためにも、年齢が若い内から対策をしていくことが重要となります。

老化の原因は紫外線

シミやソバカスだけでなく、肌の老化にも大きな関係があり、紫外線を浴びることによって肌の保湿成分であるコラーゲンやエラスチンが失われてしまいます。 保湿成分が失われることによって、肌のたるみやシワなどの症状として後になって表れやすくなります。 この肌細胞の老化現象ですが、9割程度が紫外線の原因と言われています。

日差し

シミやシワなどの老化や美容関係だけでなく、一番問題視されているものとしては、皮膚の病気である皮膚がんのリスクとなります。 紫外線を浴びることで、細胞の遺伝子が傷ついてしまいます。 傷ついた遺伝子は修復するため、すぐに皮膚がんになってしまうことはありませんが、遺伝子が傷つくことを繰り返すことによって、修復されなかったり、正しく修復されないということが起きてしまいます。

これらは正常な細胞ではなくなってしまうため、皮膚がんの原因となってしまいます。 皮膚がんは成人だけでなく、子供にも関係があり、過度の紫外線を浴びた年齢が若いほど皮膚がんが発症してしまう速さを早めてしまいます。

がんになってしまった方の半分ほどが皮膚がんの患者とされているため、子供がいる方は、しっかりと日焼け止めを塗るようにしたほうが良いでしょう。

日本人の方で、色白の方はメラノーマと呼ばれる皮膚がんの一つが発症しやすいとされています。 メラノーマはほくろに似た皮膚がんと言われていて、日焼け以外にもできてしまう場合が多いです。

特に日光を浴びて皮膚が赤くなり、赤くなった後に黒くならないという方は、要注意となるのでしっかりとUVケアをしていくようにしましょう。

日焼け止めを選ぶ理由

日焼け止めの選ぶ際には、SPFやPAなどの記載がされていますが、紫外線の種類を抑える効果がある指標となります。 紫外線には種類があり、UVAとUVBと呼ばれるものがあります。

UVAとUVB

UVAは肌細胞を老化させシミやシワなどの原因となり、こちらを抑える指標としてPAの数値が使用されています。
UVBはメラニン生成を促進させたり、細胞の遺伝子を傷つけたりするものとなり、こちらを抑える指標としてSPFの数値が使われます。

数値が高いほど紫外線を抑える効果が強くなります。 ただ、数値が高いほど肌に負荷がかかりやすいため、目的に使い分けることが理想となります。

日焼け止めには顔に塗る用と体に塗る用の二つがありますが、体に塗る用ですと、顔に塗る用よりも成分が強く肌への負担が大きいため、顔に塗ってしまうと肌トラブルの原因となってしまいます。 顔に塗る用は肌への負荷が少なめになっているため、体に塗っても大丈夫とされています。

紫外線が多い季節としてはやはり夏がピークとなるため、日差しが強い夏場ではしっかりとUVケアを行うようにしましょう。 紫外線が多い時間帯としては、12時がピークとなるため、お昼に出掛ける用事をずらすことができるのであれば、午前中や夕方に出かけるようにしたほうが良いでしょう。

サンタンブロック

医師が、飲む日焼け止め「サンタンブロック」を勧める訳

長時間の外出は様々な美容トラブルの原因になってしまうことは今や常識になっています。外出時のガードの甘さにより色々な弊害が起きてしまうからです。面倒でも、この時期になると一生懸命に外側からの対策を行う方も多いのではないでしょうか。 サンタンブロックは、高い有用性はもとより、天然由来成分で身体に負担が掛かりづらい等、当クリニックでも高く評価しております。

新宿メディカルクリニック 院長 永野 達郎 医師

「飲む日焼け止め」の注意事項

「飲む日焼け止め」の注意事項

「飲む日焼け止め」には国内製か、海外製かで商品の価格に違いが出てきます。

また、サプリメントによって配合されている美容成分の数や量なども異なってきます。

なので、希望する美容ケアを行うためには事前にどのような美容成分が配合されているのかしっかりチェックしたり、飲むことで副作用が無いかなどもしっかり調べる必要があるでしょう。 なにはともあれ、美しいお肌を保つには日々の努力も必要なんですよ。

ページの先頭へ