紫外線対策に効くコラム

なぜ日焼け止めが必要なのか?

無防備な紫外線による肌トラブル

サンタンブロック

無防備な強い紫外線を浴びるようなことは決してしてはいけません。紫外線を浴びると日焼けをしてしまうだけでなくシミやシワ、ソバカスなどの原因になりますし、肌の老化を進めることにもつながります。紫外線は肌に大きな負担をかけるものであり、直後には酷く乾燥することもあります。乾燥すると肌のバリアゾーンの働きが弱まって、摩擦や紫外線といった外的刺激に対して敏感に反応するようになってしまいますので、通常よりも肌トラブルが起こりやすくなります。

その肌トラブルを防ぐために肌中で生成されるのがメラニンなのですが、メラニンが増え過ぎると段々とくすんできますし、色素沈着の原因にもなりますのでバリア機能を弱めないようにすることが大切です。他にも、吹き出物ができたり毛穴が広がったりといったトラブルに見舞われる人もいます。トラブルの現れ方は人によって異なりますが、普段よりもデリケートになっているという点では共通しています。

紫外線A波と紫外線B波

美白対策を行いたい時、肌トラブルを防ぎたい時には日焼け止めは必須です。ただし、むやみに高い数値のものを取り入れるのは良くありませんので、その時々の状況に合ったものを選ぶことが大切です。数値の大きいものは効果に優れていますが、その分肌への負担が増しますので必要以上に高い数値のものを使うのは避けた方が無難です。正しい知識を身につけて効果的な日焼け止めを選ぶことができれば、しっかりと美白対策をしながら肌への負担も最小限に留めることができます。

正しい日焼け止めを選ぶためには、紫外線の種類について知っておく必要があります。 紫外線A波は肌の奥深くにある真皮まで届いてしまうタイプであり、浴びると肌内部で活性酸素が作られます。 この活性酸素がDNAを傷つけたり肌の潤い成分であるコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいますので、シワやたるみといった肌トラブルが起こりやすくなります。

サンタンブロック

老化に直接つながるのがこの紫外線A波なのですが、晴れている日だけでなく曇りの日でも届きますし、窓ガラスも突き抜けますので屋内に居ても安心することはできません。 紫外線B波は浴びた直後に肌を赤くしたり炎症を引き起こします。 肌表面に活性酸素を発生させるため、紫外線を浴びなくても生成されるメラニン色素の量が急激に増えて色素沈着やシミ、ソバカスの原因になります。

屋外でのレジャーなどを楽しんだ後はこの紫外線B波による影響が強く出ますので、早急に炎症を鎮めるようなケアが必要となります。 紫外線A波の場合、短期間で見るとほとんど影響がないように見えるのですが、浴び続けると肌の老化につながりますのでいつまでも若々しい肌を維持したい時にはB波にも気をつけなければなりません。

日焼け止めの選び方

日焼け止めを選ぶ場合、SPF値とPA値が記載されています。SPF値は主に紫外線B波から肌を守る働きを持ち、数値が大きいほど効果は高くなります。 この値の見方ですが、紫外線を浴び始めてから皮膚に赤い斑点が出て炎症を起こす状態になるまでのはおおよそ15分から20分とされていますが、この目安時間をSPF1当たり30倍遅らせることができます。

つまりSPF30なら15分×30という計算になります。あくまでも目安ですのでその場の状況を見ながら塗り直す必要がありますが、大体のもち時間を知っておけばタイミング良く塗り直すことができます。

PA値は主に紫外線A波から肌を守る働きを持ちます。

+が一つの場合は効果がある。
++になるとかなり効果がある。
+++なら非常に効果がある。
++++は極めて高い効果がある。
と設定されています。

紫外線A波は日差しの強い春や夏以外にも降りそそいでいますので、一年を通した対策が必要です。特に肌の老化予防をしたい人には値の高いものが必要となりますので、+の多いものを使っておくと安心です。

効果的に予防ができれば、シワやたるみといった年齢肌を防ぐことにつながります。 紫外線から肌を守るために使う日焼け止めですが、刺激が全くないわけではありませんので正しい利用を心がけなければなりません。

使った後には肌が乾燥してしまったり、皮膚の弱い人は痒みを感じることもあります。 最近ではUVカット機能を持ちながら保湿成分などの美容成分が含まれている商品も増えています。 元々肌が乾燥していたりトラブルが見られるようなら、このような肌に優しいタイプを利用する必要があります。 保湿成分としては、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンが効果的だと言われていますので、これらが含まれている日焼け止めを探すと良いかもしれません。

紫外線の影響はすぐに出るとは限らず、数年後や数十年後に出ることも少なくありません。 明らかなトラブルが起こってからではスキンケアで改善するのに時間がかかってしまいますので、その前にできる予防策を講じることが大切です。 予防の方が改善よりもはるかに効率的だといわれています。

ページの先頭へ