[ヘリオホワイト/危険性]副作用は?成分と安全

[ヘリオホワイト/危険性]ヘリオホワイトが安全な3つのポイント

ヘリオホワイトは副作用がない

ヘリオホワイトには副作用がありません。なぜなら、ヘリオホワイトはサプリメントであり医薬品ではないからです。

副作用が無いとはいえ、配合されている成分など安全性が高いのか気になりますよね。

実際に、他のサプリメントを使ってみたけどいまいち効果が実感できなかった、成分表示はあったけど、成分量まで書いてなかったということはありませんか?

実は成分量の表示がないサプリメントの一部には、添加物のほうが多く、主成分が少ないという、残念な商品があるのも事実です。

ヘリオホワイトの安全性が高い理由は、「敏感肌にも負担がなく安心できる」「成分の配合量が明確で安全」「国産の信頼性が高い」の3つです。

敏感肌のため日焼け止めを薄くしか塗れない方、肌が弱くて強い日焼け止めが使えない方、成分の影響(配合量)が気になる方など、ヘリオホワイトなら副作用もなく国産の商品のため、安心して使うことができますよ。

ヘリオホワイト公式サイトへのバナー

安心できるから定期コースで継続使用!お得に購入

ヘリオホワイトのポイント1/敏感肌にも負担がなく安心

ヘリオホワイトは、敏感肌の方や肌荒れなど皮膚に問題をかかえている方でもUVケアすることができます。

なぜなら、ヘリオホワイトは飲むことで体の内側からUVケアをするからです。

塗る日焼け止めの効果は抜群ですが、どうしても塗り直しが必要であったり、うまく塗れていない場所があったりと何度も塗る必要があります。

何度も塗る行為やクリームを直接肌に塗りこむことが皮膚に刺激を与えてしまいます。

敏感肌の方や肌荒れがある方などは、日焼け止めを積極的に塗りこむことを躊躇してしまいますね。

皮膚に与える刺激が気になる場合には、ヘリオホワイトを使用しましょう。

ヘリオホワイトのファーンブロックは、内側からUVケアをしてくれます。

外側からのケアが積極的にできない場合にも、ヘリオホワイトは安心して使用することができますよ。

ヘリオホワイトのポイント2/成分の配合量が明確

ヘリオホワイトは、成分表示がされており信頼できるサプリメントです。

一般的にサプリメントは健康状態や体調の維持のため、長く使い続けるものです。

そのため、どのような成分がどれくらい入っているか、分かったうえで飲み続けないと心配ですよね。

ヘリオホワイトは成分表示はもちろん、配合量もしっかりと明記されています。

そのほかも詳しく見てみると、原材料名というところには原材料と添加物の表記があります。

1日2粒の目安量での成分を見てみましょう。

  • ファーンブロック 480mg
  • ハトムギエキス 20mg
  • ビタミンB6 10mg
  • ビタミンB2 4mg

その他に原材料としてデキストリン、添加物として結晶セルロースとショ糖脂肪酸エステル(シュガーエステル)が入っています。

詳しくは後ほど記載しますが、2つの添加物はともに日本で広く使われており、安全性も高いと言われています。

参考:日本薬学会(結晶セルロース)
参考:シュガーエステル開発の歴史と最近の動向

以上のように、成分や原材料のほかに成分量もしっかりと明記されています。

ファーンブロックの配合量が一番多いことが分かります。

ヘリオホワイトは安心して飲むことができるので、定期コースで飲む美容習慣を続けましょう。

ヘリオホワイトのポイント3/国産で信頼性が高い

ヘリオホワイトは、ロート製薬株式会社とスペインのカンタブリアラボ社、日東薬品工業株式会社の3社が共同開発した、国内製造のサプリメントです。

先ほど紹介したとおり、成分が明確であり安心できるサプリです。

しかし、いくら安心できるといっても製造過程が信頼できないと、口に入れるのは心配ですよね。

その点、ヘリオホワイトは心配ありません。

ヘリオホワイトは、京都府の歴史ある医薬品メーカー、日東薬品工業株式会社の綾部工場で製造されています。

バイオ研究から医薬品の取扱い製造も行っています。

日本の医薬品を取り扱う工場と海外工場とでは、まるで安心感が違います。

綾部工場の特徴として、人の手の介入をなるべく減らし自動化にシフトしています。

具体的には、自動倉庫、無人搬送機、自動秤量システムなど最新の設備が導入されています。

そのため生産効率が向上し、人の手が入らないことでさらなる品質の向上にもつながっているそうです。

以上のようにヘリオホワイトは医薬品並みの管理のもと安全に製造、生産されています。

ヘリオホワイト公式サイトへのバナー

安心できるから定期コースで継続使用!お得に購入

[ヘリオホワイト/危険性]ヘリオホワイトの成分・安全性を徹底解説

ヘリオホワイトは安全性の高いサプリメント

ヘリオホワイトの安全性について詳しく解説していきます。

ヘリオホワイトはファーンブロックというUVケア成分が入った美容補助食品(サプリメント)です。

サプリメントは、食品であり、口から直接からだの中に入るものですから、副作用の成分や危険な成分などが入っていないか、気になりますよね。

もし入っていた場合、健康な状態が維持できなくなるどころか、病気になる可能性も否定できません。

健康のために飲み続けているのに、どんどん不健康になるなんてあり得ないですよね。

ここではそんな不安を解消していただくため、ヘリオホワイトに副作用がないことや安全性が高いことを解説していきます。

さっそく、成分から見た安全性や対象年齢・妊娠中の注意点など、徹底検証した結果を見ていきましょう。

ヘリオホワイト公式サイトへのバナー

安心できるから定期コースで継続使用!お得に購入

ヘリオホワイトの成分/安全性

ヘリオホワイトの成分の安全性について紹介します。

ヘリオホワイトの成分は5つです。

  • ファーンブロック
  • ハトムギエキス
  • ビタミンB6
  • ビタミンB2
  • デキストリン

ファーンブロック(ポリポディウムロイコトモス)は、ダイオウウラボシというシダ科の植物の1種から抽出した成分です。

ダイオウウラボシは、中央アメリカ原産の熱帯性シダ植物で、ホンジュラスのチュロテガス族がスキンケアに対する特性を発見したと言われています。

ポリポディウムロイコトモスは研究によって、その効果と安全性が確認されています。

この研究は、ポリポディウムロイコトモス240mgを健康な成人に1日2回、60日間経口投与する方法で行われました。

研究試験において、軽度の一時的な疲労感や膨満感、頭痛を訴えたものもいたそうですが、試験との関連性がなく安全評価に変化はなかったと報告されました。

参考:ポリポディウムロイコトモスの有効性と安全性

ただし、副作用がないとはいえ、シダ科の植物にアレルギーのある方は注意が必要です。

アレルギーについては後述します。

ハトムギとは、中国南部や東南アジアを原産地とするイネ科の植物です。

ハトムギのタンパク質は良質なアミノ酸からできており、良質なアミノ酸が新陳代謝を活発にし、肌トラブルに働きかけると言われています。

副作用はありませんが、イネ科の植物にアレルギーの方は注意が必要です。

ビタミンについては、しばしば過剰摂取が問題になります。

しかし、ヘリオホワイトのビタミン配合量は、ビタミンB6は10mg、ビタミンB2は4mgの配合量なので問題になりません。

過剰摂取で健康被害になる1日量を調べてみました。

男女差は多少ありますが、成人男性でビタミンB6が60mg以上、ビタミンB2は過剰摂取しても、ほぼ尿から排泄されるそうです。

また、基本的にビタミンB群は水溶性ビタミンなので、多めに摂取しても尿から排泄されるので心配いりません。

水溶性ビタミン
水に溶け出しやすいビタミンの総称で、おもにビタミンBとビタミンCのことです。

参考:健康長寿ネット ビタミンの働き1日摂取量

デキストリンは、トウモロコシやじゃがいもなどのでんぷんから作られています。

でんぷんの構成は、主に食物繊維と糖質になります。

液状のものを固めたり、液状のものを粉末にしたり、とろみをつけたりなど色々な用途に使われています。

ヘリオホワイトの注意書き

デキストリンには食物繊維が含まれているため、過剰に摂取すると「おなかが緩くなる場合がある」と注意書きされているのでしょう。

1日2粒の目安量では問題になりません。

結晶セルロース
錠剤を形成する際、結合を容易にします。また形成後も水に溶けやすく崩壊しやすいため、錠剤の形成には非常に優れた添加物になります。
ショ糖脂肪酸エステル(シュガーエステル)
水になじみやすいショ糖と油になじみやすい脂肪酸からできています。乳化剤として使われています。油と水など混ざりにくいものを滑らかに混ぜ合わせるために使います。

ヘリオホワイトに限らず、結晶セルロースは多くの医薬品に使用されています。

またショ糖脂肪酸エステルも乳化剤として、マヨネーズやアイスクリーム、パンなど日常の様々な食品に使用されています。

以上、全ての成分を紹介してきましたが、副作用や危険性は確認できませんでした。

一部アレルギー体質の方は注意が必要ですが、ヘリオホワイトは安全に使用していただけるサプリと言えるでしょう。

ヘリオホワイト/何歳からだと安全?

食べてる子供

ヘリオホワイトを子供に飲ませて大丈夫なのか解説していきます。

基本的にサプリメントは4歳以上から飲ませても大丈夫と言われています。

4歳以上になると、サプリメントを代謝できるくらいに体の発育がしっかりしてくるからです。

しかし、4歳以上であれば、絶対大丈夫かというとそうではありません。

例えば医薬品の場合ですと、シロップや粉薬、錠剤など、その薬を飲めるかどうかを判断します。

そのほか、子供の体重から成分量を決めます。

サプリの場合は食品なので、体重から成分量を厳密に決めたりはしません。

しかし、飲めるか飲めないかの判断をする必要があります。

ヘリオホワイトは錠剤なので、4歳以上でも体格の小さなお子さんやそもそも錠剤が飲めないお子さんには使えません。

つまり、安全に飲み込めるかどうか、親が判断する必要があるということです。

また、注意書きには、乳幼児の手の届かないところに保管してくださいとあります。

言い換えると、乳幼児(未就学児)は勝手に飲むと窒息する可能性があるということです。

体が代謝できる年齢になったとしても、喉に詰まらせてしまっては危険ですよね。

結論をまとめると、4歳以上は飲むことができます。

保護者の管理のもと、十分安全に飲み込むことができると判断した場合にのみ、飲ませるようにしましょう。

ヘリオホワイト公式サイトへのバナー

安心できるから定期コースで継続使用!お得に購入

ヘリオホワイト/妊婦さんは注意が必要

妊娠中の女性

ヘリオホワイトが妊娠中や授乳中の方にも使えるのか解説していきます。

注意書きには、医師または薬剤師に相談のうえ、お召し上がりくださいと書いてあります。

なぜ相談する必要があるのでしょう。

なぜなら、妊娠中や授乳中は、母親の摂る栄養が赤ちゃんに影響を与えるからです。

具体的には、妊婦さん(妊娠中)であれば、血液を通して胎児のなかへ、授乳中であれば母乳を通して赤ちゃんの口のなかへ入ります。

胎児と母親は、お腹の中の臍帯(へその緒)でつながっています。

臍帯は、ひも状の器官で、中には血管があり血液が流れています。

お腹の赤ちゃんは、母親から血液を通して栄養をもらっており、母親が受ける影響をそのままに受けてしまうのです。

また、母乳も同じであり、母親の体で作られているので、母乳を飲む赤ちゃんに影響を与えます。

つまり胎児と赤ちゃんは、母親の体を介して、良い影響、悪い影響ともに受けているのです。

そのため、妊娠中や授乳中にサプリメントや医薬品を飲む場合は、赤ちゃんへの影響に注意しましょう。

ヘリオホワイト公式サイトへのバナー

安心できるから定期コースで継続使用!お得に購入

安全のためには必ず、医師または薬剤師に相談することをおすすめします。

[ヘリオホワイト/危険性]食物アレルギーなどの副作用・注意点

アレルギーは危険です

ヘリオホワイトのアレルギーについて、食物アレルギーなどの危険性・注意点を紹介します。

ヘリオホワイトに副作用はありませんが、アレルギーに注意する必要があります。

ヘリオホワイトの注意点にもアレルギー体質の方との記載があります。

前述した通り、ヘリオホワイトの成分には、シダ科・コメ科の植物が使われており注意が必要です。

しかし、アレルギーの自覚がない方でも、体調が悪い時や疲れている時など、アレルギー反応を起こす場合があるので注意が必要です。

また、初めて口にするものの場合には、特に注意して下さい。

これはヘリオホワイトに限ったことではありません。

アナフィラキシーショックという言葉を聞いたことがあると思います。

簡単に言うと、全身性のアレルギー反応です。

症状はたくさんあります。

  • 蕁麻疹
  • 血圧低下
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • 呼吸困難 など

この中でもっとも危険(緊急性が高い)な症状は、呼吸困難です。

この場合の呼吸困難は、口の中や喉などが腫れ上がり、空気の通り道が狭くなることで起こります。

一刻も早く空気の通り道を確保する処置が必要になるので、迅速に医療機関を受診する必要があります。

呼吸ができないとやがて意識を失い、心臓が止まってしまいます。

ヘリオホワイトに限らず、食事や薬など、さまざまな原因でアレルギー反応は起こる可能性があります。

症状のなかでも、呼吸困難はもっとも危険と覚えておきましょう。

万が一ということを覚えていいただけると、ヘリオホワイトも安全に飲むことができます。

これは、他のサプリメントや薬、食事などでも言えることですね。

ヘリオホワイト公式サイトへのバナー

安心できるから定期コースで継続使用!お得に購入