[ヘリオホワイト/仕組み]日焼けを内側から予防/効果を徹底検証

[ヘリオホワイト/仕組み]ヘリオホワイトの仕組み3つのポイント

ヘリオホワイトの仕組み

「飲むだけで塗る日焼け止めは必要ないの?」

「美白の効果があるの?」

ヘリオホワイトが紫外線対策に効果的なのは「簡単!内側からUVケアできる」「美容サポート成分が体をサポート」「活性酸素を抑制できる(ファーンブロック)」の3つがポイントです。

ヘリオホワイトには、ファーンブロックやハトムギエキスなど、美容をサポートする成分が配合されています。

紫外線による皮膚の炎症反応や細胞のダメージを軽減する効果があります。

紫外線対策には塗る日焼け止めが効果的ですが、塗りムラや塗れない箇所など、完璧に防ぐことは不可能です。

ファーンブロックは内側からUVケアするため、塗る日焼け止めでは防ぎきれない紫外線に対しても効果があります。

紫外線により発生した活性酸素を抑制する、抗酸化作用が期待できます。

そのため、皮膚の状態を保つ細胞(線維芽細胞など)を活性酸素によるダメージから守ることが重要です。

線維芽細胞は皮膚のハリを保つコラーゲンやエラスチンを作っています。

また、色素細胞がダメージを受けるとシミの原因になります。

つまり、紫外線を予防することは細胞を守ることにつながっているのです。

ヘリオホワイト公式サイトへのバナー

抗酸化作用で紫外線対策!

ヘリオホワイトのポイント1/簡単!内側からUVケア

ヘリオホワイトが内側からUVケアできることを紹介します。

「ヘリオホワイトは、飲むだけで日焼け止めの効果があるのか?」

気になりますよね。

結論から言うと、ヘリオホワイトだけで日焼けを防ぐことはできません。

しかし、ヘリオホワイトの成分であるファーンブロックが紫外線による活性酸素の発生を抑制します。

これを抗酸化作用といいます。

活性酸素と抗酸化作用については、後述します。

ヘリオホワイトの成分は、塗る日焼け止めでは防ぎきれず、皮膚に届いてしまった紫外線の対策にも効果的なのです。

日差しが強い夏には、塗る日焼け止めを使い紫外線対策する人も多いと思います。

一方でファーンブロックは、外側からのケアがおろそかになる冬でも、飲むだけで内側から簡単にUVケアしてくれますよ。

ヘリオホワイトのポイント2/美容サポート成分が体をサポート

ヘリオホワイトの美容サポート成分を紹介します。

ヘリオホワイトには、多い順にファーンブロック、ハトムギエキス、ビタミンB6、ビタミンB2が配合されています。

美容とは
顔や体、肌などの容姿をを美しく整えることをいいます

本来からだは新陳代謝を繰り返し、体や肌の状態を維持しています。

しかし、加齢や紫外線などによってそのサイクルが崩れていき、やがてなんらかの症状としてからだに出てきます。

その結果の一例が、シミやシワ、たるみなどの皮膚症状です。

外側からのケアでも、ある程度の皮膚症状の改善はできると思います。

ただし、日焼け止めクリームに限らず、保湿クリームや美容液を全身に塗るのは不可能です。

また、仮に塗れたとしても、1年間365日続けるのは大変ですし、困難です。

美容サポート成分を取り続けて、少しずつ体の中から変えていくことが結果的に美容につながります。

ヘリオホワイトの美容サポート成分は、紫外線による様々なダメージを軽減させる効果がありますよ。

ハトムギ
ターンオーバーを整える。抗炎症作用がある
ビタミンB6
新陳代謝をよくする。肌や髪などの成分である、たんぱく質の産生をサポート
ビタミンB2
ターンオーバーを整える。肌や粘膜の健康維持に役立つ

ヘリオホワイトのポイント3/活性酸素を抑制(ファーンブロック)

からだ自身が持つ抗酸化能力は、年齢とともに低下していきます。

20歳代がピークとも言われています。

ですので年齢とともにシワやシミ、たるみが出るのも納得できますね。

活性酸素は、からだの免疫機能や感染を防御したりする、必要な役割を担っています。

しかし、何事も適量というものがあります。

活性酸素も過剰になると老化やがん、生活習慣病など、さまざまな病気と関連していきます。

からだの過剰な酸化(錆びること)は良くありません。

いずれ異常をきたします。

頑丈な鉄もメンテナンスしなければ、やがて酸化によりサビてしまいます。

そのままにしておくと穴があいたり、折れてしまったりしますよね。

それほどに過剰な酸化は良くないのです。

年齢とともに人間の抗酸化能力は落ち、活性酸素によりからだは酸化していきます。

そのうえ、紫外線による活性酸素でダメージも蓄積していきます。

ファーンブロックには、強い抗酸化作用があります。

毎日の対策により少しでも活性酸素を抑え、細胞を守りましょう。

肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンを作っているのは真皮の細胞(線維芽細胞)ですよ。

ヘリオホワイト公式サイトへのバナー

抗酸化作用で細胞の酸化をケアできる!

[ヘリオホワイト/仕組み]活性酸素の抑制に効果的な成分

激しい酸化

紫外線の影響により皮膚内で活性酸素が発生します。

活性酸素はシワやたるみの原因となります。

なぜなら、活性酸素は線維芽細胞を老化させてしまうからです。

線維芽細胞は肌の張りを保つ成分である、コラーゲンやエラスチンなどを作り出しています。

活性酸素により、線維芽細胞が老化してしまうと結果的にコラーゲンやエラスチンを作り出せず、減少してしまいますよね。

そのため、活性酸素による酸化を抑える必要があります。

この酸化を抑える作用が、抗酸化作用といいます。

そしてファーンブロックには強い抗酸化作用があります。

この他、私たちの身近にも、抗酸化作用のある食べ物があります。

例えばレモンです。

レモンにも抗酸化作用があるといいます。

しかし、毎日レモンを食べるのは現実的ではありませんよね。

抗酸化作用がある食べ物を探して、毎日食べれる方はいいと思います。

そもそも全く紫外線に当たらない、すげての紫外線を防ぐことができるという方もいいと思います。

しかし、食べることも防ぐことも毎日完璧にすることは困難ですし、できたとしてもストレスですよね。

ストレスによるからだ酸化もあるんです。

ヘリオホワイトは毎日簡単に飲むことができます。

ストレスなくファーンブロックで酸化対策をしましょう。

ヘリオホワイト公式サイトへのバナー

ファーンブロックが細胞の酸化をケア!

ヘリオホワイト/ファーンブロックの効果

ファーンブロックの最大の特徴は前述の通り、強い抗酸化作用があることです。

その他、カンタブリアラボ社によると3つの特徴があります。

免疫システム保護作用、DNA保護作用、皮膚構造保護(光老化防止)作用があるといいます。

免疫システム保護作用では、ランゲルハンス細胞を紫外線から保護します。

ランゲルハンス細胞は、皮膚からの感染や異物に反応し攻撃し守る役割、皮膚のトラブル(炎症などの刺激)を抑える働きをする免疫細胞です。

紫外線によりランゲルハンス細胞がダメージを受けると、皮膚の免疫力が低下してしまいます。

DNA保護作用では、細胞のDNAを紫外線から保護します。

細胞のDNAが損傷すると、細胞内のがん抑制遺伝子が機能しなくなったり、細胞内のがん遺伝子が活性化したりします。

その結果的、最悪の場合にはがん細胞が増殖し、皮膚がんとなってしまいます。

皮膚構造保護作用では、線維芽細胞が作り出すコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの皮膚構造成分を紫外線から保護します。

皮膚構造成分が破壊されないことにより、光老化(しみ、シワ、たるみ、乾燥など)を予防する効果が期待できます。

ファーンブロックには、以上の4つの特徴があります。

ファーンブロックは様々な角度で皮膚守り、紫外線による影響を軽減してくれます。

[ヘリオホワイト/仕組み]日焼けの予防/塗る・飲む日焼け止めの効果の違い

塗る日焼け止め、飲む日焼け止め

日焼けによる炎症や赤みも気になりますが、そもそも日焼けをしたくない理由は、紫外線の影響により肌にシミやシワ、たるみが出るからではないでしょうか。

また、最悪な結果として皮膚がんの原因となります。

塗る日焼け止めは、紫外線を反射させ炎症を防止する効果があります。

つまり急性の障害(サンバーン)を防ぎます。

サンバーンとは、紫外線による急性の障害で、数時間以内に起こる皮膚の炎症反応のことをいいます。

ひどい場合には水ぶくれができ、やけどのような状態になるので注意が必要です。

その後、炎症反応が落ち着いてくると、メラニンが増加し皮膚は茶色くなり始めます。

この色素沈着反応をサンタンといいます。

通常であれば、やがてサンタンも薄い皮となり剥がれます。

しかし、皮膚の損傷も繰り返すたびに修復ができなくなってきます。

これが光老化であり、慢性的な障害です。

慢性的な障害が起こる前に、日常からケアしましょうというのが飲む日焼け止めです。

それでは、紫外線の種類、塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、そのほかの紫外線対策について詳しく見ていきましょう。

ヘリオホワイト公式サイトへのバナー

飲んでUV対策!簡単継続は定期コースでお得に購入

日焼け(紫外線)とは/ヘリオホワイト

紫外線について紹介します。

紫外線には、UVAとUVBとUVCの3種類あります。

紫外線UVCは、地球の周りにあるオゾン層で吸収されるので、地上に影響があるのはUVAとUVBの2種類です。

特に強い影響を与えるのが、紫外線UVBであり、サンバーンの主な原因となります。

逆に紫外線UVAは、UVBほど強くありませんが、皮膚の真皮(深部)まで届きます。

前述したとおり真皮には、線維芽細胞があるため、UVAを無視していると長年の影響によりシワやたるみの原因になってしまします。

UVBが主に影響を与える表皮には、メラノサイト(色素細胞)やランゲルハンス細胞があるため、しみやそばかすの原因になります。

季節で見ると、UVBは夏に多く降り注ぎますが、UVAは冬でもそれほど減少せずに降り注ぎます。

UVAは、急性の影響も少ないため気付きにくく、さらには、ガラスも通り抜けるので冬でも注意が必要です。

そのためUVA・UVBともに無視できません。

1年中紫外線対策は必要ですね。

日焼けを防ぐ方法/ヘリオホワイト

日焼けを防ぐ方法を紹介します。

1番の方法は、紫外線に当たらないことです。

しかし、ずっと屋内で生活することは不可能ですし、現実的ではありません。

仮に屋内にいたとしても、紫外線UVAはガラスを通り抜けて入ってきます。

そのため、紫外線対策は必須になります。

そこで真っ先に思いつくのが、塗る日焼け止めですね。

塗る日焼け止めは、コンビニやスーパー、ドラッグストアなど、どこでも手に入ります。

もっとも身近と言っていいのではないでしょうか。

その他には帽子やサングラスなどで、物理的に防ぐ方法。

また、最近話題の飲む日焼け止めなど内側からのケアするサプリもあります。

食べ物から紫外線ケアとなる成分を取る方法もありますね。

塗る、遮る、飲むと、さまざまな方法があります。

そのなかでも簡単に継続できるのは飲むことです。

1年を通して紫外線は降り注ぎます。

塗るケアがおろそかになる季節も、飲むこと(簡単にできる)だけでも続けましょう。

公式サイトで定期購入するといつでも10%オフ

塗る日焼け止めとは

塗る日焼け止めには、色々なタイプが存在します。

  • クリーム
  • スプレー
  • ミルク・乳液
  • ローション
  • ジェル
  • パウダー など

基本的には、肌の上から塗るものなので、皮膚をコーティングするイメージとなります。

肌を外側から守ってくれます。

成分は大きく分けて2つあり、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤です。

紫外線吸収剤は、紫外線を一旦吸収し、その後放出することで皮膚を紫外線から守ります。

紫外線散乱剤は、紫外線を反射・散乱させ弾くことで皮膚を紫外線から守ります。

いずれにしても、外側から守るものなのでしっかりと塗ることが大切です。

また、一般的に2〜3時間程度で効果が薄れたり、汗で流れたりと塗り直しが必要になります。

こまめな塗り直し、塗りムラ無く塗るという手間がデメリットですね。

飲む日焼け止めは簡単!

ヘリオホワイトは飲むだけですよ。

飲む日焼け止めとは

飲む日焼け止めとは、その成分に紫外線対策の効果があるものを言います。

飲むことで肌にバリアを張るのではなく、紫外線の影響から皮膚を保護、あるいはダメージを軽減するというイメージです。

皮膚に侵入してきた紫外線と、内側から戦うと言ったらわかりやすいでしょうか。

主に、紫外線によって発生した活性酸素を抑える、強い抗酸化作用があります。

サンバーンのような急性の障害を軽減する、抗炎症作用もあります。

使い方としては、紫外線を浴びる前に飲むことで、塗る日焼け止めでは防ぎきれなかった紫外線のダメージを軽減します。

また、塗ることのできないところ、頭皮や目などのケアができるのも嬉しいですね。

ただし、毎日の継続で効果が期待できるので、目に見えて即効性がある効果を期待する方には物足りないかもしれません。

毎日継続することで、紫外線UVAによる慢性の障害も軽減します。

塗る手間、洗い流す手間を考えると、塗る日焼け止めだけでなく、飲む日焼け止めでサポートすることが安心ですね。

塗って飲んでUVケアしましょう。

食事や衣服などで防ぐ方法

塗る日焼け止めや飲む日焼け止め以外にも、紫外線を防ぐ方法があります。

  • 日傘
  • 帽子
  • サングラス
  • 長袖
  • 長ズボン
  • 手袋

実は衣類も着るだけではなく、色や素材が重要です。

まず色ですが、濃い色の方が紫外線を通しにくいと言われています。

黒や紺(ネイビー)が通しにくいそうです。

生地も厚くてしっかりしていると、紫外線を防ぐ効果があります。

例えば、デニムですね。

しかし、夏の紫外線対策で、上記の対策をとれますか?

日傘、帽子、サングラス、黒い長袖、ジーンズの組み合わせで完璧です。

想像するだけで、外出するには暑過ぎて、現実的ではないことがわかります。

熱中症になってしまいますね。

最近はUVカット素材の服(ウエア)が販売されているので有効に活用しましょう。

抗酸化作用の高い野菜と果物

  • パプリカ
  • トマト
  • にんじん
  • ブロッコリー
  • 小松菜
  • パセリ
  • オクラ
  • いちご
  • キウイフルーツ
  • オレンジ
  • りんご など

このようにさまざまな食材があげられます。

毎日、口にできればいいのですが、なかなかそうもいきませんよね。

ヘリオホワイトに含まれる成分のファーンブロックには強い抗酸化作用があります。

約1cmの錠剤なので、いつでもどこでも手軽に飲むことができますよ。

ヘリオホワイト公式サイトへのバナー

飲んでUV対策!抗酸化作用で細胞の健康を維持できる